紫外線は肌の老化を加速させてしまう!

紫外線から肌を守ることは、スキンケアの基本です。

紫外線を浴びた肌は、老化の影響を受けやすいためです。

紫外線に対する備えを十分にしておくことは、太陽光が強くなさそうなシーズンでも、
やっておくべきことといえます。紫外線が強くなるのは春から夏ですが、
その時は、特に入念に対策が必要です。

紫外線や肌に対する知識を得て、効果的な対策方法を取ることが、
無用な肌トラブルを防ぐためには重要なことです。

外でスポーツをする時や、レジャーのために一日じゅう外出をするような日は、
きちんと紫外線対策をする人が多いようです。

けれども、わずかな時間しか外に出ないという時は、
十分な対策を講じないでいる傾向があります。
紫外線が肌に及ぼす影響は、窓越しに家の中で活動をしている時や、
短時間の外出の時ですら、ないがしろにはできません。

肌が紫外線を受けた時に、そのまま放置していると、
徐々に皮膚の老化が目立つようになっていきます。
人間の皮膚は、皮脂膜や、角質層と呼ばれる防御機構があり、
これらが皮膚の乾燥を防ぎ、外界からの刺激をシャットアウトしています。

紫外線を浴びることで、表皮細胞がダメージを受け、
保湿効果の低下、炎症、メラニンの生成、ターンオーバーの異常に繋がります。

肌トラブルがひどくなると、シミや乾燥がなかなか回復しなくなり、
たるみやしわ、にきびなどが多くなって、お肌の加齢が加速していきます。

皮膚が紫外線によってダメージを繰り返し受けていると、
皮膚がんになってしまうリスクも高くなります。
UVカットのグッズや、日焼け止めクリームの活用がおすすめです。
サラフェで顔汗対策する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です